TOP

公開研究会「生活保護基準と『生活支援戦略』の検討について」


9月28日、厚生労働省は生活保護制度「見直し」を柱とする生活支援戦略の素案を社会保障審議会に示しました。「伴走型支援」などの新たな提案と平行して、稼働層への就労の強制となりかねない「まず就労」が強調されるとともに、罰則の引き上げや地方自治体の調査指導権限の拡充、扶養義務強化、受給者への管理強化など、制度の大改悪となる可能性がある提案です。生活支援戦略と同時に、社会保障審議会の生活保護基準部会では、厚労省が基準を大幅に引き下げる方向を打ち出しています。生活保護基準の引き下げは、生活保護の利用を減らして貧困を放置することになるとともに、最低賃金額や就学援助基準など多くの生活保障基準の引き下げにつながります。

ともに年内に最終案をまとめ、来年の通常国会への関連法案提出をめざすとしており、問題点の解明は急務です。

福祉国家構想研究会(生活保護チーム)は、予想される生活保護基準の引き下げと生活保護制度改悪に対して、理論的な問題点を掘り下げるために、下記のとおり研究会を開きます。

公開ですので、是非、ご参加ください。

 

日時:2012年11月18日(日)午後1時30分~4時30分
場所:日本医労連・医療労働会館二階会議室
(東京都台東区入谷1-9-5、TEL 03-3875-5871)
資料代:500円
※研究会はユーチューブで中継します

内容


報告①

「あるべき生活保護基準とその重要性~社会保障審議会生活保護基準部会の検討枠組みについて」

布川日佐史(静岡大学)

報告②

「生活支援戦略で貧困はなくせるか~貧困の現状と生活支援戦略」

岡部 卓(首都大学東京)

情勢報告  吉永 純(花園大学)

意見交換  現場からの意見など


主催:福祉国家構想研究会E-mail:tokio@tokyo-jichiken.org(03-5976-2571)

 

*生活保護基準引き下げ反対署名、募集中!* ←クリックして署名ページへ。

シンポジウム「99%を貧困にする政治~生活保護基準引下げで人々の暮らしは良くなるのか?~」

政府が本年8月17日に閣議決定した平成25年度予算の概算要求基準は、予算圧縮のために社会保障分野も聖域視せず、生活保護の見直しに取り組むと しており、本年末にかけての来年度予算編成過程において、国が生活保護基準の引下げを行おうとすることが必至の情勢にあります。

しかし、生活保護基準は、憲法25条の生存権保障を底支えする基準であり、最低賃金や地方税の非課税基準、介護保険の保険料等の減額基準、就学援助の給付 対象基準など多様な施策に連動しています。生活保護基準の引下げは、現に生活保護を利用している人だけでなく、市民生活全体に大きな影響を与えるのです

そもそも、生活保護制度を叩くことで、今、日本が抱えている問題を解決することができるのか?

本当に必要な施策はどのようなものなのか?

皆さんとともに考えたいと思います。是非多数ご参集ください。

日時:2012年11月6日(火)18時~20時30分
場所:星陵会館(東京都千代田区永田町2-16-2)
事前申込不要、入場料無料

内容(予定)

講演

1.「生活保護制度改革をめぐる動きと生活保護基準引き下げが市民生活に及ぼす影響」
木下秀雄氏(大阪市立大学法学研究科教授(社会保障法専攻))
【プロフィール】
社会保障法専攻、ドイツとの比較で日本の生活保護法、介護保険法の研究をしている。

2.「生活保護を叩いて得をするのは誰か」
和田秀樹氏(国際医療福祉大学大学院教授(臨床心理専攻)・精神科医)
【プロフィール】
東京大学医学部付属病院精神神経科助手、米国カール・メニンガー精神医学学校国際フェローを経て現職。著書は、『競争力』『テレビの金持ち目線―「生活保護」を叩いて得をするのは誰か―』(ともにベスト新書)など多数。オフィシャルブログ「テレビで言えないホントの話」

◆生活保護利用者の声

◆日弁連からの行動提起

主催:日本弁護士連合会
問合せ先:日本弁護士連合会人権部人権第一課
TEL:03-3580-9483/FAX:03-3580-2896

10/11(木)緊急学習会 「生活保護バッシング 国の責任放棄の真相」

緊急勉強会開催!

これも「いのち」の問題です!ホントはこれからが危ない?!

【生活保護バッシング 国の責任放棄の真相】

生活保護バッシングが吹き荒れた陰で、餓死や孤独死が後を絶ちません。一方で、年内の生活保護基準切り下げが見込まれ、さらなる貧困の拡大・孤独死・自死が増加・・・こんな社会で生きていたいですか?安心して生きられる社会、子供が未来に希望を持てる社会にいまこそ変えていきましょう! 家族に頼らなければいけない?国の責任って?ナショナルミニマムとは・・・? ひとりひとりが考え行動する、それが社会を変えていく原動力です!そのための勉強会を緊急開催します。

【日 時】 2012年10月11日(木) 開場19時、開始19:15、終了21時
【場 所】弁護士会館 5階504号室 千代田区霞が関1-1-3
【料 金】無料、申し込み不要
【主 催】 いのちの最終ラインを守ろう。「STOP!生活保護基準引き下げ」アクション

【勉強会内容】

◆水際作戦ってなに?・・生活保護の窓口でどんなことが起きているの?
行政はわたしたちの味方ではないらしい。

◆最低賃金も下がるの?・・生活保護基準切り下げは、実は私たちの生活全体を地盤沈下させます。

◆生活保護の利用率と捕捉率・・不正受給はわずか。利用率も捕捉率も先進国と比べて低い。何が問題なの?

◆自助・共助・公助・・家族がいない、頼れない・・死ななきゃだめ?きれいな言葉を使ってほんとは国は責任放棄・弱者を切り捨ててるんじゃないの?!

◆スティグマ・・生活保護は恥ずかしい?「最後のセイフティネット」です。正しい理解は住みやすい、お互いに思いやる社会の土台です。

◆ナショナルミニマム・・生活保護基準は憲法25条「健康で文化的な最低限度の生活の基準」。「生存権」を保障する大切な基準です。

【講 師】 田川英信さん

東京都の区部の福祉事務所3か所で、生活保護の地区担当員(ケースワーカー)10年、ケースワーカーを指揮監督する保護係長(査察指導員)に5年従事。
現在は自治体職員を休職し、労働組合の専従として生活保護を含めた社会保障の改悪を阻止するために行動中。派遣村や、街頭相談会、電話相談会などで、ボランティア相談員をしている。
2007年には、通院交通費を原則不支給にする局長通知が出された時に、福祉事務所職員として、現場の実情、生活保護利用者がどんなに困っているかを、何度も厚生労働省に交渉し、回答不能に陥らせ、「事実上撤回」に追い込む経験をしている。
生活保護問題対策全国会議、反貧困ネットワーク、全国公的扶助研究会会員の会員。
8月に緊急出版された「間違いだらけの生活保護バッシング」(明石書店)のQ&Aを分担執筆。

【会場地図】

弁護士会館 5階504号室 千代田区霞が関1-1-3
http://www.toben.or.jp/know/access.html

【交通】

  • 東京メトロ丸の内線/日比谷線/千代田線「霞が関駅」B1-b出口より直通
  • 東京メトロ有楽町線 「桜田門駅」 5番出口より徒歩8分
  • 都営三田線 「日比谷駅」から日比谷公園を通り徒歩8分
  • JR「有楽町駅」から日比谷口よりお堀沿い徒歩10分

【連絡先】

1011gsk.stophikisage2012@gmail.com

【今後のスケジュール】

10月初旬   アピール賛同募集・緊急署名開始
10月3日(水) 18-20水曜夕暮れ官邸前「このまま進むと困っちゃう」アクション
10月6日(土) 16時~ 会議 (詳細は連絡先へお問い合わせください。)
11月6日(火) 日弁連シンポ「99%を貧困にする政治~生活保護基準の引き下げで人々の暮らしは良くなるのか?~」!
11月7日(水) 18-20時水曜夕暮れ官邸前「このまま進むと困っちゃう」アクション
12月4日(火) 「"STOP!生活保護切下げ"市民大集会」
~他~

TOP
<< 1 >> 1ページ中1ページ目

カレンダー

<<2017年04月>>
     12
3456789
10111213141516
17181920212223
24252627282930

カテゴリー

最近の記事

アーカイブ